放射線診断部トップページ > 検査のご案内 > 血管造影 (Angiography)

血管造影 (Angiography) [検査のご案内]

血管造影室では造影剤を使用して血管を映し出し、血管の病気(出血・瘤・狭窄)や、がんに栄養を送っている血管を調べる検査を行っています。

また、これらの検査と同時に血管から治療を行う血管内治療(IVR:InterVentional Radiology)も行っています。

血管を映し出していく方法としては、股や肘の血管からカテーテルという細長い管を入れて行います。

エックス線による透視画像を見ながらカテーテルを目的の血管まで進めていき、造影剤を流して血管の走行・形状・分布を連続的にエックス線撮影していきます。

血管造影室のエックス線装置では、コンピュータ処理によって骨や臓器の部分を消して血管だけを画像化(DSA処理画像)することができます。

DSA処理のしくみについて簡単に説明します。

まず1.の写真のような骨・内臓の連続写真を撮影します。

次に2.の写真のように血管に造影剤を流した状態での連続写真を撮影します。これにより血管&骨・内臓の画像を撮影できます。

最後にコンピュータ上で2.の画像から1.の画像を引き算します。
そうすると、1.と2.の画像に共通して含まれる骨・内臓の部分が消され、3.の写真のように血管のみを表示した画像を表示することができます。

造影剤が入った血管のみを見やすく表示でき、医師や技師による血流状態の観察が容易になります。

血管造影に使用するカテーテルには多くの種類があり、用途や目的の血管によって様々な形状のものがあります。

当院では、主に直径1〜2mmで長さ80〜110cmのものを使用しています。

Copyright © Hokkaido Cancer Center. All Rights Reserved.