リハビリテーション科トップページ > リハビリテーション科について

リハビリテーション科について

リハビリテーション科スタッフ

リハビリテーション科医長
(骨軟部腫瘍科医長併任)
平賀 博明
理学療法士長 井上 由紀
運動療法主任 加藤 大悟
理学療法士 菅原 啓祐
明庭 圭吾
小野 淳子
増井 慎志
肥田 理恵
前田 ゆりこ
作業療法士 田中 朋子
沢田 よしみ
言語聴覚士 藤嶋 亮太

がんのリハビリテーションとは

早期診断・治療、医療技術の進歩などにより、がんが『不治の病』であった時代から『がんとともに共存する』時代を迎え、「がんのリハビリテーション」が評価されるようになってきています。

がんそのものの影響や手術・化学療法・放射線などの治療により身体機能や高次脳機能が障害された場合、生活の質(QOL)の面でとても大きな問題になります。

当科では身体障害の予防・軽減、高次脳機能の改善、生活能力の改善を目的に、関連する診療科と協力しながら、医師、看護師、リハビリスタッフ等が一丸となったチーム医療を行い、家庭復帰や社会復帰がスムーズに行えるように援助いたします。

▲このページのトップへ

リハビリテーションの対象

がんそのものによる障害

  • 骨への転移による痛みや骨折
  • 脳腫瘍による麻痺や言語障害
  • 脊髄腫瘍や転移による麻痺や排尿障害
  • 腫瘍が末梢神経を巻き込むことによるしびれや筋力の低下

がん治療の過程で生じる障害

  • 抗がん剤治療や放射線治療による筋力や体力の低下
  • 胸部や腹部の手術後に起こる機能障害
  • 乳がんの手術後に起こる肩関節の運動障害
  • 舌がんや甲状腺がんなど頭頸部にできるがんの治療後に起こる、飲み込み(嚥下)や発声・発音の障害
  • 四肢(腕や脚)に発生したがんの手術後に起こる機能障害

▲このページのトップへ

このページのトップへ