臨床研修医募集 - 職員募集

  1. HOME
  2. 職員募集
  3. 臨床研修医募集

臨床研修医募集

プログラムの特徴

当院は、北海道におけるがん診療の中心病院です。

平成21年4月にがん診療拠点病院の中でも各都道府県での中心的な施設である「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されたほか、わが国のがん予防、診断および治療等の向上に資することを目的として設立された全国がんセンター協議会に加盟し、研修、講義、臨床研修棟で最新の発信、受信に努め、全科において診断治療に絶えず最先端を目指しています。

内科・外科の基礎的知識や技術に加え、がんの診断治療の基本から最先端の知識技術についても幅広く研修できる点が当院の最大の魅力です。

また、各科の専門医制度に基づいた修練病院として、専門医の養成にも努めています。

▲このページのトップへ

年間スケジュール[1]

北海道がんセンター臨床研修プログラム 研修スケジュール例

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急部門(麻酔) 産婦人科 小児科 精神科
2年次 地域医療 選択

1年目で内科(消化器・呼吸器・血液)6月、救急部門3月、選択必修(2科以上)3月の研修を行うことを基本とし、2年目は地域医療1月の他、11月について自由選択期間としています。

この自由選択期間において、研修到達目標の達成を目指すとともに、経験不十分な診療科の追加や将来の希望に沿った診療科を選択します。

研修順序については、柔軟に決めることとしております。

▲このページのトップへ

コメント

研修責任者

当院は、国立がん研究センターを中心としたがん拠点病院等で構成するがん情報ネットワークに参加し、年間100回以上開催される様々なカンファレンスやセミナーから、がん治療等の最新情報を得ることで、職員の知識と技術の向上に努めています。

がんは我が国の死因の第1位で、厚労省もがん患者を含めた国民が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会の実現を目指すことを目標としています。

当院では各科の基礎的知識や技術に加え、がんの診断治療の基本から最先端の知識技術まで幅広く研修することができますので、今後医師として活躍する礎になると確信しています。

研修医

がんセンターは臨床研究を活発に行っている機関なので、院内の症例検討会やカンファレンス・勉強会などの機会が多く、全国の講師の講演を聴講することができ、大変勉強させていただいています。

また、指導医の先生方はがんに精通された方ばかりで、経験の豊富さと、患者や家族の気持ちとじっくりと向き合う姿勢に日々感銘を受けています。

日々の診療では、がん疑いの初診の患者から、外科手術・化学療法・放射線療法による治療、それらの副作用への治療、基礎疾患の治療、そして緩和ケアまであらゆることに携わることができます。

がんセンターゆえに、生死について考えさせられる毎日ですが、病気と闘っていらっしゃる患者のさまざまな感情に接する中で、本当に多くの貴重な経験をさせていただいています。

得るものはたくさんあると思います。

がんは現在死因のNo.1であり、世間での関心もますます高まっています。内科・外科の基礎知識や技術に加え、がん治療の基本から最先端の知識まで、幅広い知識が得られる事が当院最大の魅力です。

また、病院の規模に対する研修医の数も程良く、研修医一人一人が充分な症例数と手技を経験出来ます。各科の先生方もとても暖かく、カリキュラムや研修内容に対する個人の希望も真剣に聞いて下さり、熱心で的確な指導のもとで日々悩み、成長を実感する一年を過ごす事が出来ました。やる気のある研修医には非常にすばらしい環境だと思います。

熱意あふれるたくさんの方々と一緒に研修出来るのを楽しみにしています。

▲このページのトップへ

マッチングプログラム

参加

▲このページのトップへ

研修病院タイプ

基幹型

▲このページのトップへ

URL

www.sap-cc.org

▲このページのトップへ

研修指導医数

20名 (2016年4月1日現在)

▲このページのトップへ

研修医数

1年次 1名 (2016年4月1日現在)
2年次 1名
<男女内訳> 男性1名:女性1名

▲このページのトップへ

研修医の主な出身大学

北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学、岩手医科大学、徳島大学、信州大学、東邦大学、山形大学、昭和大学、愛媛大学、秋田大学、東京女子医科大学 等

▲このページのトップへ

カンファレンスについて

(定期:週1回若しくは2週に1回)
国立がん研究センターを中心に全国のがん専門病院とのがんネットワークカンファレンスやキャンサーボード及びミニレクチャーとして各科共通の基礎的学習を行う

▲このページのトップへ

研修修了後の進路

国立病院機構として、全国に143の病院、5万床の病床からなる有数のネットワークを活用し、一般的な症例のほかに神経難病、感染症、結核、筋ジスや重症心身障害医療などの政策医療を担っており、一般の病院では経験できないような領域の医療を経験することができます。

▲このページのトップへ

海外の関連施設について

国立病院機構専修医制度の一環として、米国VeteransHospitalsで医療現場を体験し、将来後進の指導にも携わることのできる、優秀な人材を育成します。

▲このページのトップへ

病院見学日

随時

▲このページのトップへ

試験日程

定員に達するまで随時

▲このページのトップへ

選考方法

面接

▲このページのトップへ

応募資格

マッチングプログラム参加者

▲このページのトップへ

採用予定人数

2名

▲このページのトップへ

処遇

身分 臨床研修医(期間職員:2年間)
給与(卒後1年次)/月額 400,000円 (税込) (そのほか諸手当)
給与(卒後2年次)/月額 400,000円 (税込) (そのほか諸手当)
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険適用
医師賠償責任保険 任意加入
宿舎・住宅 有(応相談)
福利厚生 国立病院機構の就業規則等によります。
当直回数/月 3回/月
当直料/回 20,000円/回

▲このページのトップへ

応募書類

履歴書郵送にて申し込み

▲このページのトップへ

応募連絡先

担当者 事務部管理課 : 小山 智道 E-mail:kitag-shokuin@hosp.go.jp
教育研修部長 : 永森   聡 E-mail:nagamori@sap-cc.go.jp
迷惑メール防止のため上記のメールアドレスの“@”は全角文字になっております。メールアドレスをコピーしてメールを送信される際には“@”を半角文字(“@”)に変換して下さい。
TEL 011-811-9111(代表)
FAX 011-832-0652
このページのトップへ