看護部ご紹介 

 

患者さんの人生に寄り添う看護を

看護部長 井田 昌子

 北海道のがん診療の中心的役割を担う当院は、文字通り9割ほどががんの患者さんです。
その方たちに必要な専門的ながん看護を提供できるように、充実した教育体制と豊かな臨床経験を積んだ看護師が、外来・病棟・ICU・手術室などに所属し、多角的な視点で専門治療を実践するチームの一員としてがん患者さんに関わっています。
 専門的な知識・的確な看護の技術を用いて、がん患者さんが直面し抱えている全ての問題に一緒に向き合い、解決できるように看護ケアを提供することが必要です。そのために私たちは、患者さんを“慮る”ことを忘れないようにと考えています。
 がん予防、早期発見、がん医療、緩和・心のケアの充実、併存疾患を含めた治療の推進、がんと共生し生活者として生きるための支援など、総合的ながん対策プランが示されたように、患者さんがこれまでの人生で大切にされてきたものを尊重することはもちろん、これからの人生をどのように過ごされたいのかという考えも大切にした看護を提供したいと思っております。


 

Organization Hokkaido Cancer Center