専門・認定看護師の紹介
がん看護専門看護師
がん看護専門看護師は、「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」の6つの役割を担う看護師です。主な活動内容はがん患者さんとご家族に直接ケアを提供すること、看護スタッフがよりよいがん看護が提供できるよう相談に応じることです。また、その他の医療職者と協働し、患者さんとご家族にあったチーム医療が提供できるようさまざまな調整しています。さらに、がん看護の質向上のために院内外の講演・教育活動も行っています。
患者さんとご家族、そして看護職のリソースとしてお手伝いしたいと思います、どうぞお気軽にご相談下さい。

 
菊地 美香(副看護師長)   畑中 陽子(副看護師長)



がん性疼痛認定看護師
病気(特にがん)にともなう痛みについて専門的な知識をもって、実践・教育活動を行っている看護師です。
痛みは我慢することで、不眠、食欲の低下、気力・体力が低下してしまい日常生活に支障をきたすだけではなく、がん治療の継続が難しくなることもあります。治療をしっかりと行うためにも辛い痛みを和らげる方法を一緒に考えていきます。
がんの痛みに使われる医療用麻薬を安心して続けられるようにサポートしていきますので、いつでもご相談ください。
   
武藤 記代子(看護師長)    



緩和ケア認定看護師
緩和ケアは、がんと診断された時から、患者さんやそのご家族が抱える不安などの心のケアや、様々な身体的苦痛の緩和を行うことを言います。
現在、私は病棟に所属し、入院中の患者さんの苦痛が少しでも楽になり治療に専念できるように、あるいは残された時間を少しでも穏やかな良い時間にできるように、患者さんそしてご家族のお手伝いをさせていただいております。
また、院内および地域の緩和ケアの質の向上をめざして、研修会の開催なども行っています。

 
佐々木 由紀子(副看護師長)   青木 公美(看護師)



がん化学療法看護認定看護師
抗がん剤治療における専門的な知識をもち、実践・教育活動を行っていく看護師です。
抗がん剤治療は副作用の出現頻度が高く、その症状をコントロ−ルしながら安全に投与する必要があります。吐き気や皮膚症状などその症状は様々ですが、薬の使い方や対処方法ひとつで軽減できるものも多くなっています。常に患者さんの目線に立ち、充実した日常生活を送りながら治療が行えるよう一緒に考え、支援していきますので何でもご相談下さい。

   
高橋 由美(副看護師長)   山野下 祐子(副看護師長)   高瀬 たまき(副看護師長)



がん放射線療法看護認定看護師
がん放射線治療の専門知識を持ち、放射線治療による身体的・精神的苦痛が出来るだけ少なく治療が完遂出来るようお手伝いさせて頂いています。
放射線治療の多くは、毎日の治療時間は短いものの連続した長期間の治療期間が必要となり、治療中のセルフケアも重要です。
身体も心も負担なく治療を継続できる方法を患者さんやご家族と一緒に考え、支援していきたいと思いますので、お気軽にご相談下さい。

佐々木 あゆみ(副看護師長)



乳がん看護認定看護師
乳がんの治療や看護に関する専門的知識を持ち、乳がん患者さんやそのご家族のからだと心、生活の問題に対して支援する看護師です。乳がんの診断を受けた後の心理的サポート、納得して治療方法を選択するためのサポート、治療による副作用やボディイメージの変化の対処方法、リンパ浮腫の予防、再発・転移への不安などに対応いたします。からだも心も負担なく治療を継続できる方法について、患者さんやご家族と一緒に考え、乳がんを抱えながらも自分らしく充実した生活を送れるよう支援させていただきますので、何でもお気軽にご相談ください。
宮崎 絢香(副看護師長)



感染管理認定看護師
感染対策チームの中心となり、患者さんおよび職員を院内感染から守るための活動をしています。主な活動内容は、院内感染サーベイランス、マニュアルの作成および見直し、コンサルテーション、針刺し事故などの職業感染防止、感染管理教育などで、医師・薬剤師・検査技師と共に抗生剤適正使用の推進も行っています。また、院内巡視により対策実施の確認・評価をし、病棟委員と共に感染対策改善に取り組んでいます。
 
一戸 真由美(看護師長)   栗山 陽子(副看護師長)


皮膚・排泄ケア認定看護師
褥瘡や創傷、ストーマ、失禁のケアを専門的に行います。
  • 皮膚を守るためのケアは、
    ●きず(創傷、褥瘡)をつくらない
    ●排泄物から皮膚を守ることからはじまります。きずを癒すケアも日々、進化しています。

  • 手術後の排尿に関する変化に、ご自宅でも困らないように支援いたします。がんばらない排尿ケアを目指しましょう。

  • ストーマの手術を受けられる方 術前から退院後の生活まで、しっかりフォローいたします。

  • 褥瘡予防ケアの様子
    褥瘡対策チーム
    皮膚科医師、栄養士、薬剤師、理学療法士
  • 排尿自立指導の様子
    排尿ケアチーム
    泌尿器科医師、理学療法士
  • 術前準備退院後 ストーマ外来
 
倉橋 小夜子(副看護師長)   鈴木 綾子(副看護師長)
Organization Hokkaido Cancer Center