独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター

臨床工学室 [看護・診療支援部門のご案内]

Hokkaido Cancer Center Clinical Engineering Room

スタッフ紹介

臨床工学室室長

高橋 將人 統括診療部長

臨床工学技士

黒川  健太(主任)
正木   弦
小島  啓司
小田嶋 洋兵

臨床工学技士とは

厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者をいいます。 1987年5月に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。
当院では手術室や内視鏡などを中心に臨床支援業務を行っています。

臨床工学室の業務

手術関連業務

ロボット支援下腹腔鏡下手術において前立腺摘出術(RALP)、腎部分切除術(RAPN)、子宮全摘術(RATLH)、幽門側胃切除術(RADG)の術前セッティング、術中の周辺機器操作を行っています。

手術室は医療機器保有数が多く、麻酔器、電気メスなどのトラブル対応、修理、点検、消耗品交換などを行っています。また、乳腺外科・消化器外科によるラジオ波焼灼術(RFA)の装置操作、各科での自己血回収装置操作を行っています。

消化器内視鏡関連業務

検査・治療に使用されるスコープ、光源装置、電気メスなどのセッティングや内視鏡洗浄器の管理、トラブル対応を行なっています。また、内視鏡センタースタッフと連携し、消化器内科による食道・胃・大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的逆行性胆管・膵管造影(ERCP)、超音波内視鏡下瘻孔形成術(EUS-BD)、緊急内視鏡などの業務を行っています。

その他業務

人工呼吸器・ハイフローセラピーなどの呼吸療法関連、人工透析・末梢血幹細胞採取などの血液浄化・アフェレーシス関連、ペースメーカチェックやMRI撮像時の設定変更など、さまざまな業務を行っています。

医療機器管理業務

中央医療機器管理室にて、輸液ポンプ、シリンジポンプ、低圧持続吸引器などを中央管理し、始終業点検、定期点検を行っています。さらに各部署に設置されている除細動器(AEDを含む)、患者監視装置なども臨床工学技士により点検を行っています。 また医療機器を安全に使用してもらうための研修会、除細動器・AEDを絡めた救急蘇生の研修会などを行っています。

Copyright © Hokkaido Cancer Center. All Rights Reserved.